次のメンバーはこちら!

ユチョン

そしてお次はユチョンについて~!!性格などはさっきお伝えしたので、そのほかのことについて(大雑把。笑)、つらつら話させてくださいね~ん♪♪

韓流いいよ韓流

ユチョンの喘息

ユチョンといえば、けっこうな喘息もちだそうで、有名。なのにあんな過酷なパフォーマンス、すごすぎるな~!!!頑張ってますよね~!!!東方神起を脱退したのも、自分の体力がついていかなかったっていうのもあるんじゃないかと言われていますけど、喘息あってもこんなに大きな夢を叶えて、ほんとうに偉いですよね、ユチョン(^O^)体力的にも、東方神起を脱退してすこし良くなったのかな??だといいですけどね(^^)でも、喘息持ってるから兵役が4級になって、いわゆる現役の兵隊さんとは違うらしいんですが、兵役のなかでも軽いポジションなのかな。

韓流派の貴女へ…

ユチョンのタバコ好き

で、そんな喘息もちのユチョンといえば、タバコをいつまでたってもやめない、というかまったくやめようと言う気が無い、ということで有名ですよね~。そう、喘息もちで兵役免れたのに、タバコをぱかぱか吸ってるから、“え??なんで??おかしくない??”みたいな話が飛び交っちゃうわけです・・・(^^;)ははは。あ、別に私的にはタバコ全然OKなんですけどね(・▽・)似合ってるし、男っぽくてかっこいい☆☆でも、ユチョンの体を考えると、やめたほうがいいのかなって。でも、彼の精神を考えると、タバコ吸ってる時が開放されてる時なんじゃないかなとも思うんですよね。アメリカで育って、でも韓国でオーディション受けるために家族を置いて1人で韓国に来て、そして東方神起として韓国で家族とはなれて頑張っていた日々。その後両親は離婚して、自分が母と妹を養わなければ、という責任感。また、喘息だし一番年下だし、体力的にも他のメンバーよりも劣るというハンディの中、必死に生き抜いてきたんだと思います。そんなユチョンにとって、タバコを吸うと言うのは、自分の頭を真っ白にできる時間だったり、反対に考え事をできるちょっとした開放の時間なのでは?と思う私。だから、個人的な気持ちとしては、そっとしてあげてほしいな・・・(・。・)

ユチョンの兵役

ユチョンの兵役の話はなかなか聞きませんよね。でも、韓国では30歳までに入隊するのが決まりだから、そろそろでしょう。ユチョンといえばアメリカ育ちなのでアメリカ国籍を持っていたから、韓国の兵役に行かなくてもよかったんです。でも東方神起のときに他のメンバーに対する仲間意識によってか、アメリカ国籍を放棄したらしいんですよね。だから兵役の義務はあるみたいですよ。2012年に徴兵検査を受けたユチョン。そのときは喘息ということで、4級の兵役となったみたいで、補充役や公益勤務要員として服務するんだそうです。さっきお話したとおり、兵隊さんとはちょっと違う役目みたいですね。本人も、インタビューでさらっとこんなことを言っていたみたいです。「現在いろいろな作品を検討していますけど、早く決めて撮影に入りたいです。入隊前にもっと仕事をしたいんですよね。兵役期間が明けて帰ってくるとたぶん30代なので、20代でできる演技を今のうちにしたいんです。」ということで、本人はもちろん、兵役の意志があるようですよ~(^^)頑張れユチョン!!

ユチョン主演『屋根部屋の皇太子』

ユチョンの主演といえば、コレ!!!『屋根部屋の皇太子』。私、いつも『屋根“裏”部屋の皇太子』って言っちゃうんですけど(爆)、正しくは屋根部屋の皇太子ですよ~。で、このドラマ、けっこう受賞したりもしていて、ドラマスペシャル優秀演技賞、視聴者人気賞、10大スター賞、ベストカップル賞、ドラマスペシャル優秀演技賞、2012年ソウルドラマアワーズ最優秀作品賞、ネチズン人気賞、韓流ドラマ男優賞、韓流ドラマ女優賞などなど、けっこうな受賞ですよね~。これおもしろかったも~ん!!!DVDで見た見た~(・▽・)

キャスト&ストーリー

まあ、結末は見てのお楽しみにしてくださいね!!!ネタばれになっちゃうし(笑)簡潔にストーリーもまとめてみましたので、どうぞご覧くださいませ!!!

イ・ガク(ユチョン)
イ・ガクはユチョンがつとめる主人公です(^^)朝鮮時代の皇太子で、容姿端麗の頭の切れるお方。愛する妃を亡くしてどん底になります。そして、その妃の不可解な死の真相を追求するための調査中に、21世紀のソウルにタイム・スリップしてしまうんです。皇太子だから態度もそれなりで、だいぶ現実離れした、浮いた存在のイ・ガクだけれど、部屋で自分の世話をしてくれるパク・ハ(ハン・ジンミン)との暮らしに、少しず心も解けて、現代にも慣れていきます。そんなある日、死んだ妃にそっくりな女性ホン・セナ(チョン・ユミ)に出会い、さらに自分と同じ顔をしたヨン・テヨン(ユチョンが2役)の存在を知って、自分は妃の死の真相を知るために、時空を超えて現代にやってきたのだと気づきます。(そまではタイムスリップした意味がわかっていなかったんです。)ようやく妃を見つけ出したはずなのに、イ・ガクはパク・ハのことが気になって気になって・・・・。というお話☆
ヨン・テヨン(ユチョン)
ヨン・テヨンはホーム&ショッピングの後継者なんですけど、事業にはなんら興味がなくてニューヨークで絵の勉強をしています。会長の使いで、自分を迎えに来た従兄のテムとクルージングに行って、海に転落。そのまま行方不明になってしまいます。イ・ガクは、妃の死の真相を探るため、ヨン・テヨンに成りすまして、現代で暮らそうと決めるんです。
パク・ハ(ハン・ジミン)
パク・ハは季節の食材を届ける仕事をしていて、トラックで走り回る働き者の女性です。口がけっこう悪くて一見ぶっきらぼうだけれど、素直で優しい、可愛らしい人。そんな彼女の前に突然、今の時代には絶対にいないような格好で皇太子と言い張る男イ・ガクが現れるんです。(いや、こんなこと本当にあったら恐すぎますけどね。笑)右も左も知らない、やっかい者の居候なのに、だんだんと気になっていき、そのうちいなくてはならない存在へと変わっていくんです(^^)
ホン・セナ(チョン・ユミ)
ホン・セナはパク・ハの義理の姉です。意地悪で何でも欲しがる性格。こどもの頃、母の再婚が気に入らずに、腹立たしい気持ちから、妹になったパク・ハを、トラックの荷台に置き去りにして捨ててしまいます・・・。いまは、ホーム&ショッピング社の会長の秘書をしていて、次期社長の嫁になることを狙っている野心家。そんなところに、行方不明だったパク・ハが出現。しかも、同居する男が、なぜか自分にしつこく付きまとってくるのが、またまた腹立たしい。しかし、イ・ガクがテヨンに成りすまして近づくと、次期社長はテヨンなので、態度を一変させるんです。さて、どうなることか・・・・。